TRONスーパー代表選投票やってみた 投票の報酬は着実にドロップ

先日、TRONのスーパー代表選挙に投票すると、報酬としてTRONの通貨のTRXがもらえるよって記事を書きました。
投票する先を選べば、年で5%以上の利回りは望める。
悪くない感じでしたね。

TRONのスーパー代表投票の仕組みを解説 投票でどのぐらい稼げるの?

今日は、投票の具体的なやり方について、私が実際にやった方法を解説します。
投票するまでは、あれこれ情報収集や準備が必要で面倒なのですが、投票してしまえばあとは放置で問題なし。

買ったままで寝ているTRXがあるなら、トライしてみる価値はアリ。
そうでない方も、TRONに興味があるなら試してみてください。

※TRONに関して基本的な部分を知りたい方は、以下にまとめています。

dAppsのプラットフォームTRONを解説 創設者のJustin Sunはどんな人?

スーパー代表投票までの大まかな流れ

まずは、スーパー代表選投票までの、大まかな流れを押さえておきましょう。

事前準備として、投票に使うTRXを手に入れなければなりません。
実施するのは、以下の3ステップ。

  • STEP.1
    TRXの購入
    まずは投票するための元手となるTRXを手に入れます。
    残念ながら日本の仮想通貨取引所ではTRXを扱っていませんので、今回はBinanceで購入しました。
  • STEP.2
    TRON用ウオレットのインストール
    TRON用のウオレットを、個人のPCやスマホにインストールします。
    今回使用したのは、Google Chromeの拡張機能として使えるTronPayです。
  • STEP.3
    TRXをウオレットに入金
    取引所で購入したTRXをTronPayに移動します。

そして投票です。
手順は、以下の3ステップ。

  • STEP.1
    TRXのフリーズ
    当面取引する予定のないTRXをフリーズして、Tron Power:TPに変えます。
    TPがないと投票できません。
  • STEP.2
    投票する候補者を選択
    スーパー代表の候補者に関する情報収集をして、候補者を選びます。
    候補者のリストや、個々の候補者の概要については、TronScanで見ることができます。
  • STEP.3
    投票
    選択した候補者に対して、TPを投票します。
    投票もTronScanから実施。
    保持しているTPの量の範囲内で、複数の候補者に対して投票することができます。

以上で投票は完了。
投票した候補者がスーパー代表に選出されれば、放置していても、自分のウオレットに報酬が入ってきます。

準備 投票に使うTRXを手に入れる

まずは、準備段階の説明から始めましょう。

TRXの購入

投票するにはTRONの通貨であるTRXを手に入れる必要があります。

残念ながら、TRONは国内の仮想通貨取引所では扱っていないので、海外系の取引所を使います。
私は、BinanceでTRXを購入しました。

Binanceでは、ドルや円では仮想通貨を直接購入できませんので、ビットコインやイーサリアムといったメジャーな通貨をBinanceの口座に入金し、これをTRXに変える必要があります。

※ Binanceについて基本的なことを知りたい方は、こちらを参照。

Binance Coin(BNB)の特徴と将来性 Binance自家通貨は業界の基軸に育つか?【アルトコイン次に何買う?(3)】

※ また、Binaceの口座への入金については、以前BITPointからBinanceへビットコインキャッシュを送金した記事を書いていますので、こちらを参考にしてください。

仮想通貨を国内BITPointから海外Binanceに送金 やってみたらすこぶる簡単!!

TRON用ブラウザウオレット TronPayのインストールと初期設定

TRON用のウオレットを準備します。
取引所で買ったTRXを、個人のウオレットに移すためです。

私は、Google Chrome用のブラウザウオレットであるTronPayを使用しました。
Chromeの拡張機能として使えるもので、PCから操作するTRON用ウオレットとしてはおすすめです。

TronPayは、Chromeのウエブストアから入手できます。
ウエブストアから「TronPay」を検索すれば、すぐに見つかります。

TronPayをウエブストアから入手  Chromeのウエブストアより

ここからインストール&初期設定。
やり方は以下のページで説明されています。

TRXをウオレットに入金

TRXを購入したら、そのTRXをTronPayに移動します。

私の場合はBinaceで購入したTRXをTronPayに移しました。
やり方は以下にまとめていますが、とても簡単。

TronPayへの入金まで終われば、準備段階は終了。
次はいよいよ投票です!!

いよいよスーパー代表の投票

投票にはTRON Power:TPが必要

投票するには、TRON Power:TPが必要。
投票者は、TRXのフリーズによって得たTPを、自分が支持するスーパー代表の候補者に投票します。
スーパー代表は、各候補者が投票者から集めたTPの量によって決まります。
6時間ごとにTPの量が集計され、スーパー代表が入れ替わる仕組み。

TPは、現在所持しているTRXのうちのいくらかをフリーズすれば手に入ります。
手に入るTPは、フリーズしたTRXと同量。
より多くのTPを使って投票すれば、より多くの報酬が得られますので、なるべく多くのTRXをフリーズしたいところ…
でも、フリーズしたTRXはロックされ、取引には使用できなくなりますので、当面使わないTRXをフリーズしましょう。

フリーズ…、いわゆる凍結ですから、凍結を解除すれば、もちろんもとのTRXとして取引に使えるようになります。
ただし、フリーズしたら3日間は解除できませんので、ご注意。

TronPayでTRXをフリーズする方法

まず、TronPayにログインします。
すでにTronPayにTRXが入金されていれば、下図の左のように入金された額が表示されます。

TronPayでのTRXのフリーズ

TronPayでのTRXのフリーズ  TronPayアプリ画面より

この画面で、「Resourece」を選択します。
すると、上図の右のような画面になります。

この画面では現在のTPの量が表示されています。
まだフリーズをしていないので、TPはゼロ。
この状態で、「Freeze」を選択します。

すると、下図の左の画面に移行。
ここで、
FreezeするTRXの量Freezeのタイプの選択をして、「Confirm」を選択すると、Freezeは終了です。

TronPayでのフリーズ

TronPayでのTRXのフリーズ その2  TronPayアプリ画面より

Freezeのタイプには、「Bandwidth」と「Energy」があります。
どちらを選択しても、得られるTPの量は変わりませんし、投票によって得られる報酬も変わりません。
投票が目的であれば、どちらを選択してもOKです。

投票する候補者を決めるには

TPが手に入ったら、次は、投票する候補者を決めましょう。

どんな候補者がいるのか、誰がいまスーパー代表に選出されているのかは、TronScanで確認することができます。
このページを開くときはGoogle Chromeで開きます。
TronPayがChromeの拡張機能ですので、TronPayにログインすれば、TronScanにもログインできます

TronScanのトップページ

TronScanのトップページ  tronscan.orgより

TronScanのページで「Tronスーパー代表」のタブを選択
表示されるメニューから「投票」を選びます。

すると下図のように、スーパー代表の候補者のリストが表示されます。

TronScanスーパー代表候補者リスト

TronScanスーパー代表候補者候補者リスト  TronScan.orgより

それぞれの候補者がどういうポリシーや計画を持っているのかは、「チームのページを見る」の部分を選択すると表示されます。

例えば、トップのSesameseedは、報酬の分配に対して以下のようなポリシーを明示しています。

80% of all rewards will be distributed to the Sesameseed community in proportion to all votes cast.

10% of all rewards generated by Sesameseed shall be retained by Sesameseed. The use of these rewards will be determined by the community on the first of every month by a 1 vote per active member voting structure.

10% of all rewards shall be retained by Sesameseed for use as operating expenses.

和訳すると…

報酬の80%は、Sesameseedのコミュニティに対して、投票数に比例して分配されます。

報酬の10%は、Sesameseedが保持します。この報酬の用途は、毎月の最初に行われるアクティブメンバーの投票によって決定されます。

報酬の10%は、運営費としてSesameseedが保持します。

つまり、スーパー代表として受け取った報酬の80%を投票者に分配する、と宣言しています。

こういった記載をみて、どの候補者を選ぶかを決めます。
狙い目の候補者の選び方については、以下で説明していますので、参考にしてください。

候補者が見つかったら投票しよう

投票する候補者が決まったら、投票です。
先程の候補者リストのページで「クリックして投票する」を選択します。

TronScanスーパー代表候補者に投票

TronScanスーパー代表候補者に投票  TronScanより

すると、候補者に対して投票するTPの量を入力する画面(下図)に移ります。

TronScanスーパー代表候補者にTPを割り当て

TronScanスーパー代表候補者にTPを割り当て  TronScan.orgより

候補者に対して投票するTPの量を入力して、「投票を確認する」を選択。
これで投票は終了です。

持っているTPの範囲内であれば、複数の候補者に投票することもOKです。

あとは寝て待て…

投票をしておけば、あとは、自動的に報酬がTronPayに入ってきます。
選挙は6時間ごとに行われますが、投票先の変更をしない限り、放置していて大丈夫。
投票した候補者がスーパー代表に落選していないかを、たまに確認する程度でOKです。

私の場合、TPの得票率が3%前後で投票者への報酬率80%を宣言している候補者へ、投票しています。
その結果、投票しているTPの0.016%程度のTRXがドロップ。
年にすると5.84%。

悪くない数字です。
ドロップしてきたTRXをフリーズして、さらに投票すれば、TRXが複利で増えていきます。

当面TRXを取引するつもりもないので、しばらくはこのまま。
果報は寝て待てって感じです。