仮想通貨取引サービス「販売所」と「取引所」の違い 各社の提供サービス比較

仮想通貨の取引サービスを提供している業者は、多数あります。

取引の方式も、様々なバリエーションが増えてきており、それぞれの業者が複数の方式の取引サービスを提供しています。
各社の公式HPを漫然とながめていても、正直よくわからない状況になってしまいました。

しかし、取引の方式により、手数料やスプレッドなどの条件がことなります。
自分が利用している取引がどういう方式であるかを理解することは、取引で成果を得るための重要な条件です。

この記事では、取引の方式のもっとも基本である「販売所」「取引所」の違いについて説明します。

特に、仮想通貨の取引サービスの提供業者そのものを仮想通貨取引所と呼ぶことがありますので、取引所というワードの使い方は、誤解を呼びやすい。
そこで、この記事では、「販売所」「取引所」のワードは、取引の方式を指すものとして使用します。

仮想通貨の「販売所」とは?

仮想通貨の「販売所」は、仮想通貨の取引サービス提供業者と利用者の間で、仮想通貨の売買をする取引方式です。

以下は、「販売所」の概念図です。

販売所」の概念図

「販売所」の取引は、「販売所」を運営する仮想通貨取引サービス提供業者と、その業者に口座をもつ利用者の間で行われます。

売買の値段は、「販売所」側が決定し、利用者に提示します。
利用者は、提示した値段での売買の注文を行います。

以下はGMOコインが運営している販売所の発注画面です。
※ シンプルですっきりと分かりやすくできているので、Good。

GMOコインの販売所 発注画面

GMOコイン側が提示したBTC/JPYの売買価格が提示されています。
購入価格と売却価格の差(=スプレッド)も、GMOコイン側が設定したものです。

仮想通貨の「取引所」とは?

仮想通貨の「取引所」は、利用者間の取引を、仮想通貨取引サービス提供業者が仲介する取引方式です。

以下は、「取引所」の概念図です。

「取引所」の概念図

「取引所」は、様々な量や額の買い注文と売り注文を多くの利用者から受け付けます。
それらから条件の合う注文をマッチングして、取引実行します。

売買の値段は、「取引所」が決めるのではなく、多くの利用者による売買注文の状況によって決まります。
売買注文を管理し、現時点での注文状況を利用者に提示するために、「取引所」はと呼ばれる注文リストを持っています。

以下は、BITPointが運営している「取引所」のBTC/JPYの板です。
※ 冗長なので板の上下は少し削っています。

BITPointのBTC/JPYの板取引

上の6段のリストが、ビットコインを売りたい利用者の注文リスト、
下の6段のリストが、買いたい利用者の注文リストです。
それぞれ、売買したい価格と数量が掲示されています。

「取引所」の利用者は、この板を見て、自分の希望の価格と数量で取引可能な利用者を見つけ、取引を注文します。
注文を受け付けた「取引所」は、注文に従って利用者の口座間でのビットコインと日本円の移動を行います。

「販売所」と「取引所」の比較

「販売所」と「取引所」を比較します。

取引の簡単さ
「販売所」が優位。
ただし、「取引所」にもすぐに慣れるので、大きな違いではない。

「販売所」での売買は、提示された値段で売り買いするだけなので簡単です。
「取引所」の板を使った取引は、初心者には最初はとっつきにくい。

しかし、「取引所」がとっつきにくいのは最初のころの話。
すぐに慣れますので、この点は大きな問題にならないでしょう。

取引価格
多くの場合「取引所」が優位。
ただし、板の厚い取引所を選んだほうがよい。

「販売所」が提示する価格は、「販売所」を運営する取引サービス提供業者が決めます。
売買手数料的な意味を持つスプレッドも、大きめに設定されることが多く、高めの購入価格/低めの売却価格が設定されています。

「取引所」での売買価格は、利用者の注文状況に応じて決まります。
取引サービス提供業者が、自己の利益を考えて設定する価格ではありませんので、多くの場合、「販売所」よりもお得な価格で売買可能です。

ただし、取引量の少ない「取引所」では、注文数がすくないため十分な流動性がないことがあります。
注文数が少ないことを、板が薄いといいます。

板が薄く、流動性が少ない場合、市場の状況を反映しないおかしな価格となることがあります。
「取引所」を使うなら取引量の多い「取引所」、つまり板の厚い「取引所」です。

各業者の提供サービスのまとめ&比較

仮想通貨取引サービス提供業者ごとに、「販売所」のみ運営しているもの、「取引所」のみのもの、両方を運営しているものと、いろいろ異なります。
各社のHPを見ても、今一つ分かりにくいので、最後に表形式でまとめ&比較です。

「販売所」「取引所」の違い、取り扱っている仮想通貨の種類を見て、好みに合う取引サービス提供業者を選択してください。

表中の「レバレッジ取引」は、少ない証拠金で、その金額の5倍 10倍といった金額の仮想通貨の売買が可能な取引です。
現物取引に比べて、大きな利益を狙えますが、マイナスとなった場合の損失も大きいのが特徴です。

取引サービス提供業者 取引の方法 対象通貨
Liquid by QUOINE 「取引所」方式 【現物取引】BTC, XRP, ETH, BCH, QASH
【レバレッジ取引】BTC, XRP, ETH
BITPoint 「取引所」方式 【現物取引】BTC, ETH, XRP, BCH, LTC;
【レバレッジ取引】BTC
GMOコイン 「販売所」方式 【現物取引】BTC, XRP, ETH, BCH, LTC
【レバレッジ取引】現物取引と同じ
「取引所」方式 【現物取引】BTC
【レバレッジ取引】BTC
bitbank 「取引所」方式 【現物取引】BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, MONA
coincheck
coincheck
「取引所」方式 【現物取引】BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, ETC, LSK, FCT, XEM
【レバレッジ取引】現物取引と同じ
DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
「販売所」方式 【現物取引】BTC, ETH
【レバレッジ取引】BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, ETC, XEM

まとめ

「販売所」と「取引所」の違いは、仮想通貨の取引を始めた方が最初に引っかかる部分です。
しかし、取引手数料やスプレッドに大きく影響しますので、両者の違いを理解した上で、取引サービス提供業者を選ぶ必要があります。

この記事での説明や比較表が、みなさんの仮想通貨取引の助けになれば幸いです。

取引サービス提供業者を選ぶには、他にも様々なポイントがあります。

少ない資金で大きな取引をしたいみなさんは、レバレッジ取引やFX取引のような信用取引に興味がありますよね。
取引サービス提供業者各社が提供している信用取引については、以下の記事にまとめてあります。

仮想通貨信用取引(レバレッジ、FX)の基礎知識を解説 交換所比較

どの業者を選ぶか決め手がないというあなた…
各社が行っているお得なキャンペーンを比較してみるというのも、良い方法です。
以下の記事にまとめてあります。

非公開: 【毎週更新、だから最新】仮想通貨取引所をお得に選ぶには?  最新キャンペーン情報比較