ガートナーのハイプサイクルでブロックチェーンが幻滅期へ

ガートナーのハイプサイクルって、ご存知でしょうか?

世界的なコンサルティングファームのガートナー社が年に一度出している、技術の成熟度を表すチャートです。
様々な技術がどういう段階にあるかを一覧できます。

以下は2018年版のチャート。

ガートナーハイプサイクル2018

新技術が、市場からの過度の注目や落胆を経て、世の中に定着するまでの典型的なパターンを一本の曲線で表します。
その上に、世間で注目が集まっている様々な技術ワードを並べる。

仮想通貨関連技術のワードも、もちろんチャートに入っています。

今日は、ハイプサイクルの読み方と、その中で仮想通貨関連技術がどう位置付けられているかについてお話します。

ハイプサイクルとは?

ハイプサイクルは、新技術が市場に表れてから、世間を支える基幹技術として定着するまでの流れを示しています。
横軸は時間の流れ、縦軸が技術に対する市場の期待度です。

ハイプサイクルの「ハイプ」の意味は、「誇大な宣伝」。
時間とともに、技術に対する市場の期待が盛り上がっては下がっていく様がチャート上の曲線で表現されています。
社会の基盤として定着する技術の多くが通る同じライン…

ガートナー社は、技術が通るこのラインを、5つの段階に分けて説明しています。

  • STEP.1
    黎明期
    新しい技術がセンセーショナルに市場に現れ、一気に注目を集める。
  • STEP.2
    「過度な期待」のピーク期
    市場の注目と期待が集中し、実態とはかけ離れた期待と興奮が技術を取り巻く。
  • STEP.3
    幻滅期
    市場からの過度の期待に技術が答えられず、市場からの興味が急速に薄れていく。
  • STEP.4
    啓蒙活動期
    技術の実態に即した現実的な利用が試される。技術の現実的な用途やリアルな価値が、徐々に市場に浸透する。
  • STEP.5
    生産性の安定期
    技術の用途や価値が十分に市場に周知され、受け入れられる。世間を支える基幹技術の一つとして定着する。

期待が一気に盛り上がり、飽きると市場から忘れられ、忘れられた間にも地道に浸透していった技術が世間を支える基盤となる。

なんともよくできたストーリー…

たしかにそうだよねえ…
と、ついつい納得してしまいます。
さすが世界的大手コンサルのチャート、よくできています。

2018年チャートを見てみると

では、皆さんがよく聞く、あるいは過去に聞いた技術ワードを例に、ハイプサイクルを読んでみましょう…
毎年のハイプサイクルチャートへのリンクは以下です。

拡張現実(AR) 2018年は幻滅期

ARは、ハイプサイクルに長く載り続けているワードです。

2009年には、すでに登場。
【黎明期】の坂を順調に上ります。

世間の期待は盛り上がり、2010年には【「過度な期待」のピーク期】に入ります。
が、目立った具体的用途を見いだせず、2013年に【幻滅期】入り。

以来、ずっと幻滅の坂を下り続け、現在、幻滅の底にいます。

でも、これは二つの意味でよい兆候です。

一つ目は、「今が底、これからは上がるしかないよ」、と見られていることです。

そして、2つ目
なにより、このチャートから10年も消えずにフォローされ続けていること自体が、ARに対する世間の期待を表しています。

チャートを見ると、【幻滅期】以降の記載が薄い。
多くの技術は、【幻滅期】に入ると全く忘れ去られ、消えていくため、チャートの後半は薄くなります。

それにもかかわらず、【幻滅期】に入ってもしぶとくチャートに残っているAR。
それだけ世間は、この技術に本質的な何かがあることを感じているのです。

ディープラーニング 2018年は「過度な期待」のピーク期

ディープラーニングは、2018年現在【「過度な期待」のピーク期】にあります。

過去のハイプサイクルを見てみると、初出は2017年。
いきなり【「過度な期待」のピーク期】の山の頂上に出現しました。

ディープラーニングは、2010年代になって出てきたもので、比較的新しい。
最初は、猫の画像を見つけるといった程度でした。
そのうち、AlphaGoが囲碁のプロ棋士に勝つなど、一部の領域で人間を超える性能を持ち始めたことが広まると、一気に世間の注目を集めるに至りました。

それで2017年から、いきなり頂上でのハイプサイクル入りとなったわけです。

量子コンピューティング 2018年は黎明期

量子コンピューティングは、長らく【黎明期】を漂っています。

2009年には、すでにハイプサイクル上に【黎明期】で登場。

以来10年連続登場の大物ですが、いまだに【黎明期】を抜け出すことができません。
毎年、【黎明期】の坂を少しずつ上りながら、2018年は【黎明期】抜けの直前まで来ました。

量子コンピューティングは、実は1990年代ぐらいから研究されてきているテーマです。
私がこのワードを耳にしたのは2000年前後だったと記憶していますが、
「理屈はわかっても、そんなハード作れるんかいな…」
というのが、当時の印象でした。

あれから、ハードウエアの開発はそれなりに進展しています。
ですが、実際の効用を主張できるインパクトのある事例を、いまだに見つけることができずにいるのが、【黎明期】での長い停滞の原因です。

しかし、技術のポテンシャルそのものはメガトン級。
ガートナーとしては無視することもできず、結局【黎明期】の主となったのでした。

さて、来年は【黎明期】を無事卒業できるんでしょうか?

ハイプサイクル上での仮想通貨

では、ハイプサイクル上での仮想通貨を見てみましょう。

ワードとしては「暗号通貨」と「ブロックチェーン」がチャート上に出てきています。
出現した年と位置を並べてみたのが以下の図。

ガートナーのハイブサイクル上の仮想通貨関連キーワード

【「過度な期待」のピーク期】のところにちょこちょこっと入っているのみ。

どうも、ガートナーは当初仮想通貨を過少評価していたようです。
2014年ぐらいからいきなり目立ってきたので、しょうがなくチャートに乗せ始めたというところでしょう。

暗号通貨の登場は2年のみ

「暗号通貨」が最初に出てきたのが、2014年です。
【「過度な期待」のピーク期】ですが、すでに頂点を下り始めています。

2015年にも「暗号通貨」は登場していますが、さらにピークを下り、【幻滅期】入り目前です。

これは、2013年末にビットコインの急激な値上がりがあり、それに続いてMt. Gox事件が起きたことによる影響だと思われます。
ガートナーとしては、2013年版を作ったころには仮想通貨がさほど盛り上がるとは考えなかったんでしょうが、いきなりの値上がりからの、信頼がた落ち。

そういうジェットコースターみたいな状況なので、こういう扱いにせざるを得なかったのでしょう。
そして、2016年には「暗号通貨」のワードは、チャートから消えます。

アメリカのガートナーは、より詳細なハイプサイクルのチャートを作っています。
以下は、ブロックチェーン関連技術に絞ったハイプサイクルの2017年版。

ここで、「Bitcoin」は、【幻滅期】のほぼ底ですね。

でも、この直後の2017年末、ビットコインは最大の盛り上がりを見せます。
ガートナーの読みはみごとに外れたわけです。

ブロックチェーンは3年目

「暗号通貨」のワードに代わってハイプサイクル上に登場したのが、「ブロックチェーン」です。

初出は2016年。
「暗号通貨」同様、【「過度な期待」のピーク期】からの登場です。

当時は、通貨というアプリケーションより、その基盤であるブロックチェーンのほうによりインパクトがある、という議論が出てきていました。
ブロックチェーン2.0とかいう言葉が出てきたころです。

ガートナーもこの流れに乗り、「暗号通貨」から「ブロックチェーン」へ切り替えたのでしょう。

その後、「ブロックチェーン」は、2017年にピークの頂上。
2018年の今年はピークを下り、【幻滅期】入り目前です。
この勢いだと、「暗号通貨」同様、来年はハイプサイクル上から消えてしまうかもしれません。

ですが、2017年の盛り上がりを読めなかったガートナーです。
今回もうまく外してくれるかもしれません。

まとめ

今日は、ガートナーのハイプサイクル上での、仮想通貨関連キーワードの位置を確認してみました。

様々な技術の栄枯盛衰を、時間を超えて俯瞰して見ることができるチャートです。
ある種、神の視点と言えるかもしれません。
一つ一つの技術が通る道は、だいたいこんなもんだよ…
って感じの、ある種の達観というか諦念が感じられます。

ガートナーのコンサルを受ける経営者たちに、すべてを見渡す視点を与え、気分良く納得したような気にさせるにはよいツールです。
私も他人事としてチャートを見る分には、とても面白い。

でも、なんか気に入らないんですよね。

ハイプサイクルは、無関係な外野からみて、どう見えるかだけしか語ってくれない。
それは、SNSを使ったデータ解析で語れる程度のことでしかありません。

そんなもんに、あれこれ知ったようなことを語ってほしくない…

【幻滅期】に入ろうが何だろうが、関係ない。

外野は勝手に幻滅してろ!!