分散型取引所DEXのメリット・デメリットを紹介 大手取引所も乗り出す新たな仮想通貨トレードの形【仮想通貨投資】

仮想通貨の売買をする時、多くの皆さんは取引所を使いますね。

国内であれば、bitPoint、bitbank、GMOコイン、Zaif、bitFlyer、coinchek
海外の取引所であれば、Binance、BitMex、Bittrex、BITFINEX、coinbase

これらは、実は中央集権型といわれるタイプの仮想通貨取引所です。

中央集権型の取引所では、利用者は、口座を取引所内に開設し、そこに自らの資産である仮想通貨を預けて取引を行います。
利用者が取引に使うウォレットの管理まで、取引所に任せています。

これに対して、分散型仮想通貨取引所DEX = Decentralized Exchange)が最近話題です。

いくつかのDEXがすでに運営されています。
Binanceやcoinbaseといった大手の中央集権型取引所も、DEX立ち上げにむけた動きをとっています。

分散型は従来型の取引所と何が違うんでしょう?
なぜ、大手の中央集権型取引所はDEXに注目しているんでしょうか?

今日は、最近なにかと話題のDEXについてです。

分散型取引所DEXって何?

中央集権型取引所

中央集権型の取引所は、通常の企業が行っています。

利用者は、口座を取引所内に開設し、そこに自らの資産である仮想通貨を預けて取引を行います。
利用者が取引に使うウォレットとその秘密鍵の管理まで、取引所に任せています。

取引の結果をどのタイミングでブロックチェーンに反映するかも、取引所にまかされています。
多くの場合、取引所内で閉じた個別の取引はブロックチェーンに記載されることなく、複数の取引の結果のトータルのみが、ブロックチェーンに反映されます。

取引所は、利用者の資産やウオレットの管理、取引の仲介の対価として手数料を利用者から得ます。

中央集権型取引所の概念図

取引所側に悪意があったり、取引所にセキュリティ上の問題があった場合、利用者の資産は大きなリスクにさらされます。
利用者は、取引所を、取引の中央にいる管理者として全面的に信用して、資産の管理を委託しなければなりません。

これが、中央集権型取引所といわれる所以です。

中央集権型取引所の問題点

取引所が十分に信用に足る存在であれば問題がないのですが、残念ながらそうでないことが多いのが実情です。
中央集権型取引所が十分な管理体制をとらずに、外部からのハッキングや、内部の不正で、利用者の資産が流出する事件が、いくつも起こっています。

2014年 マウントゴックス事件
顧客が保有するビットコイン75万BTCと、購入用に預かっていた預り金28億円が消失し、債務超過によりマウントゴックス社が破錠した事件。
当初、ハッキングによる被害とみられていたが、後に、内部不正によるものとして同社社長が逮捕される事態となった。

参考 マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失日本経済新聞
2018年1月 coincheck NEM不正流出

2018年1月26日に大手仮想通貨取引所concheckに預けられていたNEMが、何者かのハッキングによって大量に盗み出され事件。
被害総額は580億円にのぼる。
原因は、coincheckによる顧客のNEMの管理が十分にセキュアでなかったことにあった。

参考 コインチェックの仮想通貨不正流出、過去最大580億円日本経済新聞
2018年9月 Zaif 仮想通貨67億円流出

2018年9月14日に不正アクセスにより、Zaifの口座からビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、合計67億円相当が流出した事件。
流出したのは、Zaifのホットウオレットからだった。

参考 「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出日本経済新聞

ビットコインに始まった仮想通貨の根源には、

信用しなければならない中央の誰かの存在が嫌だ

という考えがあります。

その考え方からすれば、中央集権型取引所は本来の仮想通貨にはそぐわない存在かもしれません。

DEX:分散型取引所ってどんなもの?

DEXは、ブロックチェーンの上に作られた取引所です。

取引所といっても、取引そのものを行う機能はありません。
そこにあるのは、仮想通貨を買いたい人と売りたい人の間をマッチングする機能、いわゆる「板」の機能があるだけです。

仮想通貨の売買を行う個人は、自分のウオレットと秘密鍵、そしてその中にある資産そのものを自分自身で管理しています。

DEXのマッチング機能で、買いたい人と売りたい人が決まったら、その個人間で取引を行います。
取引の内容は、ブロックチェーンに書き込まれますので、改変不能な情報として残ります。

分散型取引所の概念図

分散型取引所自体は、単なるマッチングのための板であり、取引を行うのは個人ですから、利用者はDEXを信頼する必要はありません。

また、通常は、分散型取引所自体は、何らかの手数料を取りません。
取引を行う個人が、ブロックチェーンのマイナーに対してマイニングの手数料を払うことになります。

DEXは、中央集権型取引所に比べて、仮想通貨の本来のコンセプトに沿った、より仮想通貨らしい取引の形です。

DEXのメリット・デメリット

では、DEXのメリットとデメリットです。

DEXのメリット

メリット1
取引所のセキュリティリスクがない

DEXでは、個人が取引所に対して資産を委託することはありません。
ウオレットやその秘密鍵の管理も、取引所に任せません。

取引所が外部からハッキングされてしまうことや、取引所の内部に不正者がいることによるリスクから、利用者は解放されます。

メリット2
取引所の利用停止のリスクがない

中央集権型取引所は企業が経営しているものですから、様々な理由により消失する可能性があります。

大きなトラブルがあれば、取引を停止します。
また、企業経営上、仮想通貨取引所という事業をやめてしまうかもしれません。

また、仮想通貨に対する国による規制によって、特定の国での取引業務の提供を停止することもあります。
実際、金融庁からの圧力を受けて、日本居住者への取引サービスを停止する海外の取引所がいくつもあります。

海外仮想通貨取引所の日本人居住者向けサービス停止相次ぐ

DEXは、特定の企業が行うものではありませんので、企業の状況や方針、国からの影響等々とは無関係な存在です。

もちろん、稼働していた特定のDEXがなくなることはあるでしょうが、そこに資産を預けているわけではありませんので、別のDEXを使えばよいだけです。

メリット3
安全性が高い

DEXでの取引は個人間の通常の取引ですから、一回毎にそのままブロックチェーンに記載されます。

DEXでの売買は、ブロックチェーンのセキュリティレベルと同様となります。
中央集権型取引所の怠慢やミス、データの消失等のリスクからは無縁となります。

DEXのデメリット

デメリット1
資産を自分で管理しなければならない

DEXでは、利用者の仮想通貨資産やウオレットの管理を、利用者自身が行う必要があります。
中央集権型取引所のハッキングのリスクからは解放されますが、今度は自己のウオレットへのハッキングのリスクを気にしなければなりません。
あるいは、ウオレットのデータの消失等のリスクも個人が負うことになります。

誰かを信用しないということは、すべてが自己責任となることを意味しています。

デメリット2
情報が少ない

DEXはまだ始まったばかりの取引所です。
公開されている情報はまだまだ少ない状況。

多くが海外のプロジェクトで日本語対応がないうえに、企業による営利目的の事業でないため、広報宣伝も十分ではありません。

その結果、初心者には、まだまだハードルが高い取引所だと言わざるをえません。

デメリット3
板が薄い

DEXは、まだ始まったばかりですので、利用者が多く集まってはいません。
取引の指値を入れる利用者もまだ少なく、板に入っている注文の数がまだまだ少ない状況です。

これは、利用者からみれば、所望の値段で売買することが難しいことを意味しており、取引所としては致命的な問題です。

ですが、この問題は、DEXの存在が定着するに従い自然と解消されていくでしょう。

デメリット4
取引可能な通貨ペアが限られる

多くのDEXは、取引可能な通貨ペアが限定されます。
異なるブロックチェーン間で通貨を取引することが難しいことによります。

現在稼働中の主なDEX

現在稼働中の主なDEXを上げます。

Bancor Network

公式サイト:https://www.bancor.network/

Bancor Networkは、イーサリアムのブロックチェーン上のDEXです。

Bancor Network Token(=BNT)というBancor Network独自のトークンを基軸通貨として、イーサリアム上のERC20トークンの交換を行っています。

また、Bancor Networkは、EOSのブロックチェーン上のDEXを立ち上げる方針を発表しています。

参考 Bancor Bent on Cross-Chain Liquidity With Expansion to EOS BlockchainBITCOINMAGAZINE

異なるブロックチェーン上の通貨の交換を狙った動きです。

EOSは時価総額5位(2018年9月現在)。
イーサリアムと同様の位置づけを狙って、野心的な機能を満載した、これから期待のプロジェクトです。

EOS イーサリアム越えの高ポテンシャルが魅力【アルトコイン 次に何買う?(1)】

IDEX

公式サイト:https://idex.market/

IDEXもイーサリアムのブロックチェーン上のDEXです。
やはり取り扱うのは、ERC20ベースの通貨間の取引です。

板のユーザインタフェースの使いやすさが評判です。

EtherDelta

公式サイト:https://etherdelta.com/

EtherDeltaも、イーサリアムのブロックチェーン上のDEXです。
やはり取り扱うのは、ERC20ベースの通貨間の取引です。

Openledger

公式サイト:https://openledger.io/

BTS(BitShares)プラットフォーム上のDEXです。
BitSharesは、分散型の金融プラットフォームを狙ったプロジェクトです。

DEXの流れは止まらない 大手仮想通貨取引所も

中央集権的なものを否定したDEXは、最も仮想通貨らしい存在といえるかもしれません。
DEXが中央集権型の取引所を駆逐するかどうかはわかりませんが、仮想通貨取引の重要な部分を占める存在になることは確かでしょう。

中央集権型取引所の大手も、DEXへの流れを無視できず、自らDEX立ち上げに乗りだす動きを示しています。

Coinbase:分散型取引所(DEX)を買収してERC20トークンの取り扱いが可能に

Binanceが分散型取引所(DEX)を発表|BNBトークン基軸通貨の期待で大きく価格上昇

分散型の取引の中で、大手の企業がどういうビジネスモデルを描くかは、現時点では定かではありません。
彼らも、模索している最中なのかもしれませんね。