EOS イーサリアム越えの高ポテンシャルが魅力【アルトコイン 次に何買う?(1)】

ビットコイン、イーサリアム、リップル…

メジャーどころのコインをおさえた後、さて次は…
と考えているあなた

EOSはどうでしょう?

時価総額5位(2018年9月現在)。
野心的なアイデアを多く取り込み、そのポテンシャルスペックはハイレベル。
実績が伴ってくれば、これから波が来そうなコインです。

でも、なぜか日本国内でいまいち浸透していない…

今日は、そんなEOSの特徴を、ビットコインやイーサリアムと比較しながら、見ていきましょう。

EOSってどういう通貨?

EOSの基本情報

通貨名称 EOS (単位EOS)
時価総額(2018年9月時点) 約6千億円 (5位)
発行上限 10億EOS
発行枚数(2018年9月時点) 約9億EOS
コンセンサスアルゴリズム Delegated Proof of Stake
公式サイト eosio

EOSってどういう通貨?

EOSは、分散型アプリケーション(Decetralized Applications = DApps)やスマートコントラクトのプラットフォームを目指したプロジェクトです。
ビットコイン系のいわゆる通貨を目指したものではなく、イーサリアムに近い位置づけを狙っています。

EOSで使われる通貨がEOSです。
プロジェクト名称と通貨名称が同じだとわかりにくいので、通貨を指す場合はEOSトークンと呼びます。

EOSは、2017年6月に、イーサリアムブロックチェーン上のDAppsとして立ち上がりました。
EOSトークンもイーサリアムのERC20トークンとして発行されました。

その後EOSトークンは、1年間のクラウドセールを実施し、約40億ドルを集めました。

参考 EOSがICO市場最高額の約4300億円を確保へ、1年間のクラウドセールが完了COINTELEGRAPH

2018年6月には、イーサリアムのネットとは独立のメインネットへ移行。
ERC20トークンであったEOSトークンも、メインネットベースで再発行され、旧トークンのホルダーに配布されました。

参考 時価総額5位のEOSが約18%の高騰 | メインネットローンチと55億円ファンド設立CoinPost

EOSトークンを売買するには?

EOSトークンを売買できる取引所は、日本にはありません。
ですが、海外系の取引所であるBinaceで扱っています。

世界最大級の取引高を誇り、100種以上のコインを扱っています。
ビットコインを基軸通貨としており、EOS/BTCの取引が可能です。

アカウント作成はメールアドレスの登録だけでOK。
本人確認書類の提出が不要で、1日2BTCまで引き出し可能なLv.1ユーザーになれます。

EOSの特徴

主なEOSの特徴です。

  • トランザクションの処理能力が高い
  • トランザクションに手数料がかからない
  • コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

トランザクションの処理能力が高い

コインの移動等のブロックチェーン上の状態変化を、トランザクションといいます。

1秒の間にどのぐらいのトランザクションを処理できるかは、そのシステムがどのぐらいの規模のデータを処理できるかを決めます。
ビットコインは1秒間に約7トランザクション(=7TPS)、イーサリアムは1秒間に約15トランザクション(=15TPS)です。

この数字は、ワールドワイドなインフラストラクチャとしては、貧弱と言わざるを得ません。

ビットコインでは、2017年末から2018年頭の市場の盛り上がりの際、トランザクションの処理速度が追い付かず、長時間の処理待ちや、取引手数料の高騰が発生しました。
イーサリアムでは、DAppsのCryptoKittiesに人気が集まり、十分なゲーム性が保証できない事態になりました。

参考 Ethereumブロックチェーン状で仮想仔猫の売買が流行、わずか数日で100万ドル以上の取引が行われたTechCrunch

トランザクションの処理能力向上は試みられていますが、まだ時間がかかりそうです。

これに対して、オンライン決済のPayPalは1秒間に数百のトランザクションを処理できます。
VISAは、1秒間に数千から数万のトランザクションを処理する能力があります。

ワールドワイドなインフラストラクチャに求められる処理能力は、このクラスなのです。

どうして仮想通貨が短期的にVISAやMasterCardの脅威となり得ないのか

EOSのトランザクション処理能力は、現時点での実績で1秒間に数千回。
ポテンシャルとしては、数十万から数百万TPSも可能といわれています。
最初から、ワールドクラスのスペックを狙ったプロジェクトです。

参考 イオス(EOS)がトランザクション速度でVisaを上回る、ブロックチェーンレコードを更新COIN TOKYO

トランザクションに手数料がかからない

ビットコインやイーサリアムにはトランザクションに手数料がかかります。

トランザクションの手数料は、マイナーがマイニングによりトランザクションを承認する際の報酬の一部ですから、ビットコインやイーサリアムを支えるには必須の仕組みですが、ユーザーにとっては負担です。

また、どのトランザクションを承認するかはマイナーが選択できるため、トランザクションが過密になると、手数料の高騰が起こります。

ビットコインの送金手数料は取引データのサイズで決まる!!【仮想通貨小耳ネタ】

これに対して、EOSのトランザクションには手数料がありません

EOSでは、21名のブロックプロデューサー(=BP:詳細は後述)がマイニングを行います。
一日に5%のEOSトークン(=133,000トークン/日)が新規に発行され、そのうちの1%(=26,716トークン/日)が、マイニングの報酬としてBPに提供されます。

ちなみに、新規発行された5%のうちの4%は基金として蓄えられ、EOSのコミュニティ全体に貢献したユーザーに配布される仕組みです。

コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

世界中に分散したノード間で一本のブロックチェーンを正しく維持するために、どの仮想通貨もなんらかのコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

ビットコインはProof of Work(=PoW)、
イーサリアムもProof of Workですが、Proof of Stake(=PoS)に移行する予定

EOSは、Proof of Stakeをより進化させたDelegated Proof of Stake(=DPoS)を採用しています。

どのアルゴリズムも、マイニングに成功したマイナーが報酬をもらうことには、かわりがありません。
違うのは、マイニングに成功するマイナーをどうやって決めるか、です。

Proof of Work

PoWは、世界中のマイナーが競争してマイニングを行う仕組みです。
マイニングに成功するのは、競争で作業をして、最初にマイニングに成功したマイナーです。
そのため、世界中のマイナーが、多大な投資をして計算能力を高めます。

不正を行うには他のマイナーの処理能力を凌駕する多大なリソースが必要になるため、安全が保たれるという仕組みです。

競争ですから、少量のトランザクションを承認するために、世界中のマイナーが同時に多大な処理コストを払わなければなりません。
その結果、使用する電力量が膨大な割に、トランザクションの処理能力は低いという問題に、直目しています。

マイニングの消費電力、ビットコインの将来が気になる【仮想通貨小耳ネタ】

また、多大な投資が可能なマイナーがマイニングに成功する確率が高まるため、結果としてマイナーの寡占が起こることも問題です。

Proof of Stake

PoSは、PoWの問題を回避するために考えられたコンセンサスアルゴリズムです。
たくさんコインを保持しているマイナーが、マイニングに成功する確率が高くなる仕組みです。

不正を行うには他のマイナーを凌駕する量のコインを保持しなければなりませんので、安全が保たれるという仕組みです。
また、不正によるコインの価値の減損の被害を被るのは、多大な量のコインを保持するマイナー自身であることも、PoSの安全性の理由の一つです。

PoSでは、たくさん作業をすることには意味がありませんので、多大な電力量が消費される問題は解消され、トランザクションの処理能力も向上します。

しかし、コインをたくさん保持しているマイナーほど、マイニング報酬を受けやすい構造のため、富の偏在が進んでしまうことや、ため込んでしまうことによるコインの流通性の低下の可能性が指摘されています。

Delegated Proof of Stake

DPoSは、参加者の投票によってマイナーを決める方式です。
投票は、一人一票ではなく、コインの保持量による重みづけが行われます。

結果として、DPoSは、PoSの考え方を流用した間接民主制のようなコンセンサスアルゴリズムとなっています。

EOSでは、投票によって21名のブロックプロデューサー(= BP)を決め、BPがマイニングを行います。
今、誰がBPかは、以下のサイトで見ることができます。

参考 EOS Vote TrackerEOS Mediterranean

また、以下のサイトで、BPおよびその候補者の情報が、投票者向けに開示されています。

参考 Discover EOS Block Producer CandidatesEOS Go

EOSでは、BPの役割はマイニングのみではありません。
EOSネットワークの維持や変更に関する権限も持っており、BP間の投票によってさまざまな決定がなされます。

本当に間接民主制の内閣みたいですね。
でも、投票は126秒毎に行われていて、入れ替わりも激しいので、なかなかにハードです。

EOSの将来性

EOSは、立ち上がりが2017年。
2018年夏に、イーサリアムのテストネットからメインネットに移行したばかりです。

ですが、巧妙なマーケティングの効果もあり、市場の反応は上々。
日本では、なぜか今一つ浸透していませんが、海外では高評価です。

仮想通貨の格付けを行っている米国のWeiss Ratingsの2018年8月の格付けでは、カルダノとリップルと並んで、EOSはトップにランクされています。
ビットコインとイーサリアムは、その1ランク下に格付けされています。

参考 EOS, Cardano (ADA), Decred (DCR) Receive Top Ratings by Weiss RatingsCryptoSlate.com

中国でも評価が高いようです。

上海の仮想通貨格付け会社のDPレーティング社は、総合評価一位の7つの仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトの中に、EOSを入れています。
イーサリアムはEOSと並んで1位でしたが、ビットコインは、一位の7つに次ぐ8位の評価です。

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト

また、中国政府系機関の中国情報産業省電子情報産業発展研究院(China Center for Information Industry Development)が発表した、「国際パブリックチェーン技術評価指標」(2018年7月発表)では、EOSが一位、イーサリアムが二位でした。
ビットコインは16位です。

第5回『国際ブロックチェーン格付け』イーサリアムは2位、リップル(XRP)は15位、ビットコインは16位

EOSを売買できる取引所

EOSについて説明してみました。
来そうな雰囲気のあるコインだと思いませんか?

残念ながら、EOSトークンを売買できる取引所は、日本にはありません。
ですが、海外系の取引所であるBinaceで扱っています。

世界最大級の取引高を誇り、100種以上のコインを扱っています。
ビットコインを基軸通貨としており、EOS/BTCの取引が可能です。

アカウント作成はメールアドレスの登録だけでOK。
本人確認書類の提出が不要で、1日2BTCまで引き出し可能なLv.1ユーザーになれます。

海外系だからって気遅れしなくて大丈夫。
アルトコインを売買するには、海外系の口座を持つことは必須ですから。